[最新情報] [ライヴ] [メンバー] [歌詩] [写真] [グッズ] [プロフィール]

メンバー

RYO

[09/06/01 1:57]
前回のライブが終わり
夏のライブも決まったりしつつ
活動に気合いが入って来てる感じ
2009年 夏の夷狄 前に進む。


タカフミです。

[09/05/24 3:48]
「やだー!」って、叫びたくなるくらいの、トラブルから始まったライブでした。
自分の確認ミスなんですけどね…。

ライブ撮影もやってるわけじゃないですか。
頭の中では、このトラブルをどう乗り切ろう?ってのと、あっ、録音もしてるしコーラスしなきゃ!ってので、頭の中がグルグル回ってたのさ。

てんやわんやの立ち上がりでしたが、ライブが進むにつれて、ペースを取り戻した感じ。

まあ、DVDがどんな風に仕上がるかは、僕も楽しみなので、皆様もお待ちくださいまし。

ライブに来てくださった皆様、ありがと。


KIBA

[09/05/15 3:14]

20090514高田馬場CLUB PHASE

今日はビデオ撮影なんかもしてみて。
約1年半この夷狄でやってきて、そろそろ何か出そうかってことで。

最初はデモンストレーション的に…ということで、ライヴDVD。
この4人の感じがいちばん伝わる気がするから。

このDVDを機に、これから色々やってみようかと思ってます。
やりたいことは4人共なんだかんだと溜まってきてるから、それを形にしていこうかなです。

或る意味、何も変わらず毎回ライヴだけを淡々とやってきて…それが夷狄らしい感じだと思ってて。
“変わらない夷狄”をやり続けたからこそ、蓄えてきたモノがあると信じてます。

次回は8月1日にまたここであります。

そこから、動きだします。

1・日ノ丸ハ赫イ
2・ゴールドジパング
3・学校
4・マーチングアンドロイド
5・マスコミ
6・非國民
7・シティアングル

En
世界の最高指導者に捧げます


KIBA

[09/02/17 11:46]

2月11日(建国記念日)

高田馬場CLUB PHASE

 

前半2曲ほど構成を少し間違ったのが続いたけど、本人はあまり気にしてなかった。
…気にした方が良いのかもしれないけど。
もう1年以上演ってるし、ちゃんと気にして歌えば間違うことはないんだけど、昂ぶって考えずに歌ってた結果。
そういう気持ちがライヴじゃ一番大切なものだと思って演ってるから。
という訳で、今回もその大切にしている気持ちがいっぱいの気持ち良いライヴでした。

 
あと、今回はこれまでの夷狄の中では話した方だと思う。
いつもくらい話したところで、まだチューニングが終わってなさそうだったんで。
でも、無駄なことを話したって感じでもなかったし、偶然の産物とは言えあれはあれで良かったかも。
またそういう機会があれば、話すのも良いかと思ったな。

 

ライヴの内容とは関係ないことも少し。
今回の出演バンドって、夷狄以外は総て女性がメンバーにいて。
僕個人としては、去年犬神サーカス団とツアーをさせてもらったんで(最高だった「黒帯ロッカーズ」ね!!)、凶子ちゃんで少し慣れてたつもりだったけど、やっぱ雰囲気が違ったなぁでした。
楽屋を事務所奥にある全然別のところを使わせてもらったから、そんなに一緒にはなった訳じゃないけど。
少し一緒になった感じでは凶子ちゃんは、女性でも一緒に演りやすい人なんだなって思ったかも。
ま、挨拶以外で他のバンドの方とは全く話してないんで、良く解らないんだけど、何となくの雰囲気でね。

喋らなかったと言えば…今回は他の出演者の方に知ってる方が全然いなかったのも、個人的にはとってもめずらしい経験で良かったな。
どうしても仲の良い人と演りがちなので、新鮮でした。
観て頂いた方も、当然僕を知らない方が多かったんだろうと思うと、そういう方達の前で歌えたのはうれしかった。

次回は5月14日にまたPHASEさんで演らせてもらえることになりました。
機会の合うかたはぜひ。

1・日ノ丸ハ赫イ
2・マーチングアンドロイド
3・マスコミ
4・学校
5・GOLD ZIPANG
6・非國民
7・シテイアングル


12月31日曲順

[09/01/22 2:39]
1・学校
2・GOLD ZIPANG
3・日ノ丸ハ赤イ
4・マスコミ
5・シティアングル


KIBA

[09/01/11 6:37]
ようやく1年経ちました。
このメンバーでの夷狄が育ってる感じを、最近になってすごく感じています。

年越しのステージ、僕個人としては夷狄にしか出来ないものがやれて、すごく良かったな。

“空気の密度が濃くなっていく感じ”。

あれが夷狄だよ。

あと「みんなの心に夷狄の歌をぶっ刺したい」って言った。

そういう「こうしたい」みたいのを、夷狄のステージで言ったの初めて。
夷狄は歌だけ聴いてもらえれば良いと思ってたから。
でも、つい言葉が出たんだよね。

空気の密度がそうさせたんだなぁ。

今年はもっと育っていく予感。
ここからどこに行くのか、一緒に行ってみませんか。


今年もよろしくです

[09/01/04 22:27]
さあ、2009年が始まりました。
夷狄としてはどんな年にしましょうか。

もちろん、ライブの本数は増やしたいし、欲を言えば、ライブをやってない土地にも行きたいし。

曲の世界観も、20年ぐらい前に、世の中の一部分を一つの視点から表現したものが多いから、新しい観点で今を表現したら、どうなるのだろう?とかやってみたいし。

いっぱいやりたい事があるんよ。

始まった時にRYOさんが、それぞれミュージシャンとしてやった事のない事にチャレンジするバンドにしようって、言ってたのさ。

楽しそうでしょ?

まぁ、皆さんも楽しみにしとってください。
今年もよろしくです。

たかふみ


2009年一発目!

[09/01/03 14:46]
夷狄のステージはスリリング
例えどんなイベントに出たとしても
ガラっと空気を変える
解かってはいつつ、その空気の変わる瞬間を目の当たりにした時に
このバンドの威力と可能性を改めて実感する。

各メンバーの気持ちと時間、上手くすり合わせて
今年は更に色濃く活動しよう。

岡本竜治


いよいよ

[08/12/30 4:45]
今年も残すところ後二日。そして、このメンバーになってからの夷狄が動きだしてから、一年が経つ。

夷狄としての動きはスローペースだったが、その分ひとつひとつの動きを大事にしてきたし、共有してきた時間を大切にしてきた。

その緊張感は見てくださってた人には伝わってたと思う。

来年はもっと楽しんで行きたいなぁ。リズムにのってきたら、自然に体を揺らし、夷狄の世界観に心を熱くしたら、自然に叫んでほしいなぁ。

今年も31日〜1日にかけて、夷狄で表現できる事を楽しみにしてるので、皆様も一緒に2009年を迎えましょ。

タカフミ


11月19日のライブ。

[08/12/07 5:01]

普段、ドラムを演奏してるこの僕が何故ベースで夷狄に参加してるのかと言えば
KIBAさんにベースをやってくれと誘われたからです。

と言うのも、KIBAさんと16年前に初めて出会った時、僕は自身のバンドでベース
を弾いてました。

そのバンドは高校の時の同級生と組んでいて(本当はドラムがしたかったけど)
ギターが弾けてた僕は同級生から「弦が少ないから弾けるやろ」と言われ、ベースで参加してました。

なので(今でもそうですが)ベースのテクニック的なことは全然わかりませんでしたし、
上手くもありませんでした。
その時の僕がステージ上で出来る事はただ、やりたい事をやる。それだけでした。
毎回(演奏も一応やってましたが)このステージ上で何が出来るか?それだけを考えてました。

そんな僕を知ってたKIBAさんが去年「あの時のように(ドラムの位置よりも)
ステージの前で立つ君が見たい」と言ってくれました。

今回のライブは、その時のKIBAさんの言葉に応えれたような気がします。

次のライブはもっと応えられたらな、とも思っています。

来てくださった皆さん、ありがとうございました。

夷狄のベース 前田一知